Top-UpMBA Top-Up®とは

日本語のPGD/大学院経営管理学科目課程と
英語MBA/オンライン課程によるMBA学位取得プログラム

英国PGD(Postgraduate Diploma)の取得者が、英国大学で所定のカリキュラムを修了することによってMBA学位が取得できる英国の教育制度をMBA top-up®といいます。本プログラムは日本初のMBA top-upプログラムです。本プログラムが提供する英国PGD 課程(Postgraduate Diploma:大学院経営管理学科目課程)は、企業経営への責任を担う経営管理職者の育成と、十分な実務経験を有するビジネスパーソンに対してキャリアアップの機会を提供することを目的として、英国の高等教育機関との提携関係を有するExeJapan Business School(株式会社エグゼクティブ・ジャパン)により運営されています。その上で、当機関は、PGD課程の修了後、より高度な経営管理者となることを目指すビジネスパーソンに対して、アングリア・ラスキン大学のMBA学位取得につながる機会を提供しています。(MBA top-up®はエグゼジャパンビジネススクールによって商標登録されています)

日本語授業と英語論文によるMBA学位取得プログラム

授業内容

授業はすべて日本語で行われます。8ヶ月で8科目の授業が行われます。基本的に1科目の授業は1ヶ月間の間に3回行われ、 土曜日に授業に参加していただく事になります。
1科目の授業時間は基本的に月3回の土曜日授業で4時間ずつ行われ計12時間になり、 8科目で合計96時間の授業時間となります。

No. Modules Name Credit
1 Manage Team Performance to Support Strategy 15
2 Information Management and Strategic Decision Taking 15
3 Leading a Strategic Management Project 15
4 Strategic Direction 15
5 Strategic Planning 15
6 Development as a Strategic Manager 15
7 Finance for Managers 15
8 Strategic Marketing 15

PGD修了後はMBAの学位取得へ

PGD修了後(修了書の取得後)、学生はアングリア・ラスキン大学のMBA学位を取得するための英語のオンライン課程に入っていただくことが可能になります(申請時期は毎年2、6、9月の年3回)。
オンライン課程では学位取得のための論文作成を行っていただく事になります。オンライン課程のコース期間は9 ヶ月間です。最終的に論文を提出し、審査に合格することで、アングリア・ラスキン大学のMBA学位が取得できます。

PGD修了後はMBAの学位取得へ

Project Researchについて

学生は、アングリア・ラスキン大学より提示されるテーマをもとに、戦略的な視点から事業の研究プロジェクトを構築していただくことになります。論文作成にあたってはアングリア・ラスキン大学より遠隔指導を仰ぐことが可能です。